• HOME
  • イベント , グルメ
  • 「World Championship Cheese Contest 2020」で日本のチーズ工房がシルバー受賞 ジャパンチーズの品質と魅力を世界にアピール

「World Championship Cheese Contest 2020」で日本のチーズ工房がシルバー受賞 ジャパンチーズの品質と魅力を世界にアピール

アメリカ・ウィスコンシン州で2020年3月3~5日に開催された「World Championship Cheese Contest 2020」で、日本のチーズ工房がシルバー(銀賞)を受賞。コンテストでは、厳しい審査を経て、日本の工房からは佐渡乳業の「農場カマンベール雪の花みそ漬け」(新潟)とリトルグリークキッチンの「マリネード読谷ティリー」(沖縄)の2品が選ばれた。「World Championship Cheese Contest」は、アメリカ国内向けと全世界を対象とする国際コンテストを毎年交互に開催。今回開催の国際コンテストは世界的にも著名なチーズ・コンペティションで、カテゴリー別に分けて2日間にわたって審査が行われる。

ワールドチャンピオンに選ばれたのは、スイスのチーズ「グルミノ ル グリュイエールAOP(Gourmino Le Gruyère AOP)」。最終日には一般向けの試食イベント「Cheese Champion」も行われ、試食ブースでは日本のチーズの魅力や作り手の想いをアピールした。

「World Championship Cheese Contest」受賞商品

工房名 /株式会社佐渡乳業 (新潟県)
商品名/農場カマンベール雪の花みそ漬け(たまり味噌)
カテゴリーと受賞/OPEN CLASS: SOFT RIPENED CHEESES, FLAVORED シルバー
http://sadonyugyo.com/

工房名/リトル グリーク キッチン(沖縄県)
商品名/マリネード読谷ティリー
カテゴリーと受賞/FETA, FLAVORED シルバー
https://www.littlegreekkitchen.com/

World Championship Cheese Contest

「World Championship Cheese Contest(WCCC)」は、アメリカ国内向けと全世界を対象とする国際コンテストが毎年交互に開催される。コンテストはカテゴリー別に分けられ(今年は123カテゴリー)、世界各国から集まったチーズが審査される。世界各国の大学教授やバイヤーなど、チーズの専門的知識を持つ55名の審査員によって審査が進められ、各カテゴリーの中から上位3位までにゴールド(金賞)、シルバー(銀賞)、ブロンズ(銅賞)を選定。そして、ゴールドに選ばれたチーズはさらに20の「Best of Class winners」に選別され、ファイナル審査の「The World Champion Round」に進出することが出来る。ファイナル審査に勝ち残ったチーズが、その年の最高のチーズ、ワールドチャンピオンに輝くのだ。今年のWCCC2020では、日本の国産ナチュラルチーズ16工房/28品が出品、日本のチーズの品質の高さを証明した。

「World Championship Cheese Contest 2020」
開催日/2020年3月3日(火)~5日(木) ※現地時間
開催地・会場/アメリカ・ウィスコンシン州・マディソン
出品数/26カ国 3,667品 123カテゴリー
※CPAからは、国産ナチュラルチーズ生産者16工房/28品
主催者/ Wisconsin Cheese Makers Association
公式WEBサイト: https://www.worldchampioncheese.org/

NPO法人チーズプロフェッショナル協会(CPA)
https://www.cheese-professional.com/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA