メルシャン オーガニックワインでエシカルライフを提案

欧州でエシカル消費(倫理的消費)の浸透が進み、ここ日本でも20代から30代を中心に“エシカル”の認知率が急速に上昇しているという。そんな時代背景もあり、世界のオーガニックワイン消費量は大きく拡大し、2023年には消費本数が10億本に迫る勢いを見せている。この一大ムーブメントに乗って、世界のトップワイナリーも積極的にオーガニックワイン造りに転換する中、メルシャンが「わたしにイイこと、みんなにイイこと。」をキーワードにオーガニックワインの価値発信に注力するという。

メルシャンが扱うオーガニックワインのポイントは3つ。

1. 高品質
 ぶどう本来の味わいを引き出す“丁寧な造り”のワインのみを厳選
2. 信頼できる生産者
 “環境への配慮、持続的なワイン造り”が哲学の生産者とのパートナーシップ
3. 手に届く
 “高品質なのにリーズナブル”なワインを厳選

メルシャンでは上記3つのポイントを満たしたワイナリーのオーガニックワインを既に選定し、店頭やインスタグラムなどでその魅力や世界観を訴求していくという。そのラインアップは以下の通り。

ボデガス・フォンタナ

スペイン、ラ・マンチャ北部に位置するワイナリー。昼夜の温度差が大きく、ブドウは豊かな果実味とエレガントさを兼ね揃える。地球環境や自然を守るため、エネルギーの最大効率化の考慮や化学肥料を使用しないサステナビリティ(持続可能)なワイン造りを実践し、スペイン国内で認証(※1)を受けている。醸造責任者はワイン界で最難関といわれる資格マスター・オブ・ワインに最年少(2002年当時)で合格し、最も影響力のあるワインコンサルタント(※2)にも選出さたサム・ハロップ氏。

※1 2016年スペインのワイナリーを対象にしたサステナビリティ認証システム「Wineries for Climate Protection」に認定
※2 2013年12月「Drink Business」(英国)の「最も影響力のあるワインコンサルタント10人」のひとりに選出

メスタ

環境に配慮した栽培方法と丁寧なワイン造りで、ブドウ本来のフレッシュな味わいを引き出したオーガニックワイン。

左からメスタ テンプラニーリョ オーガニック、メスタ ベルデホ オーガニック、メスタ テンプラニーリョ ロゼ オーガニック

kirin.co.jp/products/wine/mesta/

 ドメーヌ・カズ

豊富な受賞歴を持ち、多くの3ツ星レストランでオンリストされる国際的評価の高いドメーヌであり、現在は全ての畑でビオディナミ(有機農法)を採用するフランス最大級のビオディナミワイン生産者。

カノン・デュ・マレシャル

南仏の太陽がたっぷり詰まった、気軽に楽しめるフルーティなワイン。

左からカノン・デュ・マレシャル ルージュ 2018、カノン・デュ・マレシャル ブラン 2018、カノン・デュ・マレシャル ロゼ 2018

kirin.co.jp/products/wine/cazes/biodynamie/line_up01.html

ベル・フルール オーガニック

ドメーヌ・カズが監修する日本限定ブランドのフランス産のオーガニックワイン。

左からベル・フルール オーガニック メルロー、ベル・フルール オーガニック シャルドネ

kirin.co.jp/products/wine/bellefleur/

 コロンバ・ビアンカ

シチリアに拠点を置くイタリア最大級のオーガニック栽培面積を誇るシチリアのワイナリー。著名ワイン評価誌『ルカ・マローニ2019』で満点を獲得するなど高い評価を受けるワイナリー。デジタルツールを活用するなど、さまざまな工夫を行うことで、広大な畑において徹底した栽培管理を効率的に実施し、高品質でコストパフォーマンスに優れたワインを提供している。

ラ・コロンバ・ピッコラ

シチリアの魅力が詰まった確かな品質で食卓を彩るオーガニックワイン。

左からラ・コロンバ・ピッコラ シラー オーガニック、ラ・コロンバ・ピッコラ カタラット オーガニック

kirin.co.jp/products/wine/colomba/

ヴィテッセ

手摘みで収穫されたブドウを使用した、豊かな果実味とフレッシュさの調和に優れたワイン。
オーガニック認証(ビオアグリサート)とヴィーガン認証を取得。

左からヴィテッセ ネーロ・ダーヴォラ オーガニック 2018、ヴィテッセ グリッロ オーガニック 2018

kirin.co.jp/products/wine/colomba/

コドーニュ

1551年創業、1872年に初めてカバを造りあげたスペイン王室御用達の名門ワイナリー。

コドーニュ バルセロナ 1872

コンセプトワーク、パッケージ開発をメルシャンと「コドーニュ」が共同開発した日本限定商品。
シャンパーニュと同じ伝統製法で造られ、細やかな泡立ちが特徴。
商品名の「1872」は「コドーニュ」がカバを初めて造った年であり、
カバの歴史が「コドーニュ」とともにあることを示す。
ロゼは、CCPAEのオーガニック認証を取得。

CCPAE :Consell Català de la Producció Agrària Ecològica。スペインのカタルーニャ地方の有機農法性生産統制委員会


左からコドーニュ バルセロナ 1872、コドーニュ バルセロナ 1872 ロゼ オーガニック

kirin.co.jp/products/wine/codorniu/barcelona1872.html

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA