• HOME
  • グルメ , ライフスタイル
  • ザ・リッツ・カールトン東京 希少なブティックワインやシャンパーニュを愉しむ『ソムリエ プロジェクト』第2弾

ザ・リッツ・カールトン東京 希少なブティックワインやシャンパーニュを愉しむ『ソムリエ プロジェクト』第2弾

写真上は「アジュール フォーティーファイブ」店内。
5年連続でミシュラン一つ星を受賞しているモダンフレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」。数々のミシュラン店を経験している宮崎慎太郎料理長の創作する料理は、鮮やかな色彩とエレガントな華やかさが特徴。パティシエ出身ならではの仕事の繊細さと造形力、味わいと彩りのバランスの絶妙さは評価が高い。都内最高の高さを誇るミッドタウン・タワーの45階からの眺望を楽しみに訪れる客も多い。

ザ・リッツ・カールトン東京45階フレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」が、シェフソムリエ 田丸亮平氏が厳選した希少なブティックワインやシャンパーニュを愉しむ『ソムリエ プロジェクト』第2弾を4月15日より開始する。
2020年の新たな取り組みとして始まったのが、通常ではグラスで提供されることのない希少なボトルを含むブティックワインやシャンパーニュをグラスで提供する『ソムリエ プロジェクト』。田丸氏がシーズン毎に厳選するワインセレクションのキーワードは「サステイナブル」「オーガニック」。自ら現地に足を運んで希少性の高いワインの生産者の人脈を開拓、土壌や自然農法にこだわる小規模のワインオーナーとの交流によって今回のプロジェクトが実現したという。今年2月に行われた『インフィニット・エイト メーカーズ ディナー』に続く第2弾は、“春のマリアージュ”をテーマに宮崎慎太郎料理長の創作するモダンフレンチに合わせたおすすめのワインを用意。

ソムリエ プロジェクト ~“春のマリアージュ”をテーマとした希少性高いブティックワイン・シャンパーニュ~

ソムリエ プロジェクト 第2弾
~“春のマリアージュ”をテーマとした希少性高いブティックワイン・シャンパーニュ~
提供開始日/2020年4月15日(水)〜
提供店舗/フレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」

バイ・ザ・グラス リスト 一例
シャンパーニュ
ディアボロ・ヴァロワ ブラン・ド・ブラン ブリュット 3,300円
白ワイン
セバスチャン・リフォー サンセール          3,000円
赤ワイン
シャトー・ル・ピュイ                 3,000円
※新型コロナウィルス拡大の影響により、中止・終了している場合があります。


田丸氏は、2017年に第6回J.S.A.ソムリエ・スカラシップ優秀者として選出等、注目される若手ソムリエのひとり。自ら生産地へ足を運んでブドウ畑やワイン造りの状況を確かめたという田丸氏のこだわりに、新しいワインとの出会いへの期待が大きく膨らむところだ。

アジュール フォーティーファイブ
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン内 ザ・リッツ・カールトン東京 45階
予約・問合せ/03−6434-8711(予約受付10:00〜21:00)
営業時間/11:30~14:30(L.O.14:00)、17:30~21:00(L.O.)
http://www.ritz-carlton.jp/restaurant/azure/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA