• HOME
  • イベント
  • 1億円超えのシステムも登場 「2019 東京インターナショナルオーディオショウ」

1億円超えのシステムも登場 「2019 東京インターナショナルオーディオショウ」

さる11月22日(金)〜24日(日)の3日間、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて「2019 東京インターナショナルオーディオショウ」が開催された。今回出品されたブランド製品は200を超え、普通に生活していれば、まず一生お目にかかることない超高額ハイエンドモデル(なんと1億円超えのシステムも!)も目の前で見ることができた。とにかく各メーカー、各ブランドが気合を入れて作ったオーディオ機器が「これでもか!」というくらい一堂に揃ったわけだが、なかでも記者の目を引きつけたのがルーメンホワイトの「white light anniversary」というスピーカー。無垢の木をなめらかに磨き上げ、セラミックツイーター&スコーカー、アルミハニカム/セラミックコンポジットウーハーが埋め込まれた美しさに、思わず一目惚れしてしまった。もちろん音もハイエンドクラスで、価格は納得の940万円。こういった実機の展示や試聴に加え、同ショウでは高名なオーディオ評論家の先生方によるセミナーも大人気。自分のシステムの音を少しでも良くしたいと切望するオーディオファンたちは、お目当の先生のトークを一声でも聞き漏らすまいと、真剣な眼差しで熱心に聞き入っていた。

lumenwhite「white light anniversary」
エソテリックブースで開催された傅 信幸氏のセミナーの様子。
エソテリックのネットワークオーディオシステム。
マッキントッシュのパワーアンプ。
audioquest CEOの挨拶。
マッキントッシュの真空管アンプ。
ダリのヘッドフォン。
ラックスマンブースで開催された柳沢功力氏のセミナーの様子。
エアータイトのデモンストレーション。
テクニクスブースで開催された和田博巳氏のセミナーの様子。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA