• HOME
  • グルメ
  • 「気軽に仲間同士でにぎやかに過ごせるお店」がコンセプト ハイアット リージェンシー 東京の新店舗ブラッスリー「Vicky’s」がオープン

「気軽に仲間同士でにぎやかに過ごせるお店」がコンセプト ハイアット リージェンシー 東京の新店舗ブラッスリー「Vicky’s」がオープン

ハイアット リージェンシー 東京の新店舗ブラッスリー「Vicky’s」が、2020年2月14日にオープン。周りから愛されるような女性の愛称のイメージから着想を得て店名は、ホテルの敷居を気にせず馴染みの店として楽しんでほしいという意味が込められている。改まった食事会はもちろん、皆で料理をシェアしたり、仕事帰りにちょい飲みにと様々なスタイルで食事を楽しめるよう間取りを設け、調理の過程がよく見えるようにとオープンキッチンを採用している。日本各地の食材を使用するという新料理長の大滝 実料理長。素材の持ち味を最大限に活かすのが得意なだけあって、食材の一番おいしいところが存分に愉しめる。ランチ、ティータイム、ディナーと時間帯を設定、アフタヌーンティーセットのスイーツはペストリー・ベーカー料理長の佐藤浩一シェフによる監修だ。

写真
上段左より、上野原ハーブガーデンのサラダ クラータと豆腐、薄切りビーフ きのこソース
中段 スズキのサルティンボッカ
下段 キッシュロレーヌ
デザートの一例
入ってすぐのオープンキッチンは、シェフたちが無駄のない動きで調理する様子が見える。

「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」オープン時からアシスタントシェフとして従事していた大滝 実料理長は、正統派からコンテンポラリーなフレンチまで実に多くの経験を持つ。新店舗準備ではあらゆるスタッフの意見を耳に入れて取り組んだ大滝料理長、「生産者に敬意を払い、本当に美味しいものだけを提供すること」がモットーだ。

ブラッスリー「Vicky’s(ヴィッキーズ)」
場所/ハイアット リージェンシー 東京 1F
営業時間/11:30~23:00
ランチ  11:30~14:30
ティータイム  14:30~17:00
ディナータイム    17:30~23:00
(フード ラストオーダー 22:00)
(ドリンク ラストオーダー 22:30)
席数/ホール 57席、個室 1室(12席)、ハイテーブル&ハイチェア 6席
メニュー/
ランチセット 3,500円〜
アフターヌーンティーセット 4,500円
ディナータイム ア・ラ・カルト 800円〜
        Vickey”s セット 5,000円
※上記は税抜価格。
ハイアット リージェンシー 東京
東京都新宿区西新宿2-7-2
03-3348-1234(代表)
tokyo.regency.hyatt.jp 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA