• HOME
  • ライフスタイル
  • 今日も美味しいと感じる幸せ 1秒間に20本近くも売れている本格派 新ジャンル「本麒麟」をプレゼント

今日も美味しいと感じる幸せ 1秒間に20本近くも売れている本格派 新ジャンル「本麒麟」をプレゼント

※プレゼントは終了

発売から2年で10億本(※)、その後わずか2カ月でさらに1億本(※)を売り上げた「本麒麟」。この本数は、1秒に約19.2本が売れていると換算できる。新型コロナウイルスの影響による外出自粛で家飲み率増加という追い風があったとはいえ、この数字は驚異的。もともと新ジャンルの中でも人気が高い本麒麟だが、大麦を増量し、仕込過程にキリンビール初となる技術を採用することで「ビールに近い卓越したうまさと品質」を一層強化して1月中旬にリニューアルを行ったことも売上の増大に結びついたようだ。それを裏付けるかのように、先月(2020年4月)の売上は過去最高だったという。

※350ml缶換算

オンライン飲み会は、画面越しの相手が何を食べて飲もうが、自分好みのお酒やつまみだけをチョイスできる。こんなシチュエーションでも、安くて旨い本麒麟が大活躍したようだ。


本麒麟をさらに美味しく飲むには


昨年2月、キリンビール マスターブリュワーの田山智広氏にインタビューした際に「本麒麟を一番美味しく飲むには、とにかくグラスをキレイにすること」と教えてくれた(記事はこちら)。田山氏に言わせると、これは基本中の基本。まずこの教えを忠実に守るとして、今回は開発担当者がオススメする「本麒麟を美味しく楽しむ方法」を紹介しよう。


キリンビールの味を決める男・田山氏が教えてくれた「グラスをキレイに」「三度注ぎ」を実践すると、新ジャンルとは思えないクリーミーな泡がグラスを覆う。

◎スッキリしたい時

缶から直接飲む。
炭酸感や刺激が強く、後味スッキリに仕上げているので、爽快に飲みたい時は缶からが美味しい。

◎ゆったり飲みたい時

グラスに移して飲む。
グラスに注ぐことで適度に炭酸が飛び、マイルドな口当たりになる。温度変化も起こり、液温が高くなると麦やドイツ産ホップの香りがより広がってくる。



温度変化による本麒麟の香りも堪能したいなら、キンキンの状態ではなく、冷たさは失われずに香りも楽しめる8度から10度くらいがオススメ。また、飲むだけでなく料理に使うのもあり。ハーバルなホップの香りがする本麒麟は、煮込みや肉料理などに使うと美味に。もちろん、本麒麟を使った料理に一番合うのは本麒麟。ぜひ試してみて。

商品概要
商品名/本麒麟
発売地域/全国
容量・容器/350ml缶、500ml缶
価格/オープン価格
アルコール分/6%
酒税法上の区分/リキュール(発泡性)①

本麒麟HP
kirin.co.jp/products/beer/honkirin/

本麒麟(350ml 24本入り1ケース)を1名様にプレゼント!

本麒麟(350ml 24本入り1ケース)を、South65読者の中から1名様にプレゼント! ご希望の方は、下のフォーマットに必要事項を入力の上、ご応募ください。
応募締切/2020年6月12日(金)23時59分

※当選者への賞品の発送をもって当選発表に変えさせていただきます。
※20歳以下の方は応募できません。

プレゼントの募集は終了しました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA