• HOME
  • ライフスタイル
  • イケアが足立区「未来へつなぐあだちプロジェクト」に賛同、売上金で小学校図書館改装へ

イケアが足立区「未来へつなぐあだちプロジェクト」に賛同、売上金で小学校図書館改装へ

写真上/子供たちからは「とっても明るくさわやかになった」「カフェみたい」などの声が上がる。思い思いに選んだ本を手に、開放的な図書室の空間を楽しむ子供たちの様子。

イケア・ジャパンが、昨年実施した子どもたちの遊びと成長の権利を支援する「Let’s play! みんなで遊ぼう!」キャンペーンの支援活動の一環として、足立区の子どもへの取り組み「未来へつなぐあだちプロジェクト」に賛同。

足立区立亀田小学校の図書館改装に「SAGOSKATT/サゴスカット限定コレクション」の売り上げ金を寄贈し、家具の組み立てをすべてIKEA新三郷のコワーカー(従業員)が実施して改装を完了した。

改装間(左)と改装後(右)の図書館

「SAGOSKATT/サゴスカット限定コレクション」 は、「ソフトトイお絵描きコンテスト」から生まれたソフトトイのコレクション。2019年11月1日から12月24日までの期間の日本国内売り上げの全てを今回寄贈した。

改装され、より楽しく快適な場所に生まれ変わった亀田小学校の図書館。放課後に安心して過ごせる遊びの場、そして交流の場として、様々な事情で居場所のない子どもたちの憩いの空間になるだろう。

コワーカーによる作業の様子

足立区の「未来へつなぐあだちプロジェクト」は、世帯の所得や家庭環境に関わらず、子どもたちが自分の将来を切り拓くための「生き抜く力」を身につけることを重要としている。「教育・学び」「健康・生活」「推進体制の構築」の3つの柱立てのもとに事業を展開、子供たちが社会で自立するための環境整備を進めている。

IKEA
ikea.com/jp/ja/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA