• HOME
  • イベント
  • 「ミラノデザインウィーク2019」の体験型展示銀座で凱旋開催

「ミラノデザインウィーク2019」の体験型展示
銀座で凱旋開催

Ginza Sony Parkが、12月14日より『#012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>』を開催中。イタリアのミラノで開催された「ミラノデザインウィーク2019」に出展した内容の凱旋展示の本展では、ソニーが強みとするイメージセンサー技術や20年来研究・蓄積してきたロボティクスに関するノウハウなどを体験できる。5つのインタラクションで構成された展示場を進み、⼈とロボティクスの親和性が⾼まっていく過程を体験。鮮やかなマルチカラーを使用した空間デザインは、人とロボティクスが共生する社会の豊かさや、これからの社会やライフスタイルを豊かにするロボティクスの在り方という未来像を表現している。人とロボティクスが共生する新しい社会を想像しながらインタラクションを体験するのも楽しいかもしれない。

【 #012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス> 概要 】

タイトル/ #012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>
開催期間/2019年12月14日(土)~ 2020年1月13日(月・祝)
     ※2019年12月31日(火)、2020年1月1日(水・祝)は休園日
開催時間/10:00~20:00
     ※2020年1月2日(木)、3日(金)は19:00まで
会場/ Ginza Sony Park PARK B2 / PARK B3
料金/入場無料

https://www.ginzasonypark.jp/program/020/

※展示内容や展示期間は予告なく変更する場合あり。

Interaction 01: Awakening <意識>
暗闇の中で人の動きに合わせて現れる光。
色や形を変える光、音の中にある小さな知性の目覚めがそこに。

Interaction 02: Accordance <協調>
それぞれが異なった個性を持つ球体のロボティクスたち。
どんな動きをするかまったく予測できない、
人とロボティクスが共生するコミュニティの姿が垣間見える。

Interaction 03: Autonomous <自律>
自由にふるまう振り子のロボティクスの姿に、意志の芽生えを見出す。

Interaction 04: Affiliation <共生>
人とコミュニケーションすることで感情を変化させ、
知性を発達させる生命感をそなえたロボティクス。

Interaction 05: Association <連帯>
ゆっくりと近づいてくるキューブ型のロボティクス。ペンを取って何を書くの?



【関連情報】世界最大規模の家具・デザイン見本市 ミラノサローネ / ミラノデザインウィーク

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/news/event/about_milano_salone.html
(Sony Design サイト)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA